> わかみず会 > 実施要項・次回開催予定

わかみず会

わかみず会

開催回

第475回

開催日時

2020年11月25日(水) 16:00〜18:00

発表題目

図式を用いたプロセス理論

発表者

川辺 治之

発表資料

近日公開予定

発表内容

シュレーディンガーは、量子力学のもっとも重要な特質は二つの
系の相互作用を研究してこそ明らかになると言う。
したがって、量子論に対するアプローチも、合成性を強調した
視点を出発点とすることが望ましい。

このような合成可能なプロセスの全体と、それらの相互作用から
組み立てられたものを「プロセス理論」と呼ぶ。
図式を用いて構築された(量子論を含む)プロセス理論を紹介する。

これはBob Coecke & Aleks Kissinger, Picturing Quantum
Processes (Oxford Univ. Press, 2017) からの抜粋である。

開催場所
2020年9月2日(第469回)より当面の間、オンライン形式にて開催いたします

参加・利用手順はこちらよりご覧いただけます

参加申込方法
事前予約制(当面の間、新規受付を停止いたします)
参加申込方法
今後の開催予定

第476回 2020年12月9日(水) 長島 毅「ENIACで実行された数値計算について」

※2020年9月2日以降のオンライン開催についてはこちらをご覧ください

開催回

第475回

開催日時

2020年11月25日(水) 16:00〜18:00

発表題目

図式を用いたプロセス理論

発表者

川辺 治之

発表資料

近日公開予定

発表内容

シュレーディンガーは、量子力学のもっとも重要な特質は二つの
系の相互作用を研究してこそ明らかになると言う。
したがって、量子論に対するアプローチも、合成性を強調した
視点を出発点とすることが望ましい。

このような合成可能なプロセスの全体と、それらの相互作用から
組み立てられたものを「プロセス理論」と呼ぶ。
図式を用いて構築された(量子論を含む)プロセス理論を紹介する。

これはBob Coecke & Aleks Kissinger, Picturing Quantum
Processes (Oxford Univ. Press, 2017) からの抜粋である。

開催場所
2020年9月2日(第469回)より当面の間、オンライン形式にて開催いたします

参加・利用手順はこちらよりご覧いただけます

参加申込方法
事前予約制(当面の間、新規受付を停止いたします)
今後の開催予定

第476回 2020年12月9日(水) 長島 毅「ENIACで実行された数値計算について」

※2020年9月2日以降のオンライン開催についてはこちらをご覧ください

実施要項

世話役をアイヴィスが担当していますが、主宰者というような者はおりません。形式的な会員制度も無く、氏名・連絡先が登録されているのみです(情報は保護されています)。
 
◇ 例会は隔週水曜日、[報告]16:00 − 18:00、
◇ その後、オンライン懇親会を開くのが通例です。
◇ 休日に当たる場合は、翌週の水曜日に順延。
◇ 年末・年始と8月は休み、従って1月と9月の最初の日を決めれば、年間の予定が立ちます。