> わかみず会 > 実施要項・次回開催予定

わかみず会

わかみず会

開催回

第458回

開催日時

2019年11月27日(水) 17時より

発表題目

氷期はもうしばらく来ない説について

発表者

加藤 真一

発表資料

近日公開予定

発表内容

今の地球は氷河期にあり、ここ百万年は、ほぼ十万年周期で長い氷期と短い間氷期を繰り返してきた。
人類は約一万年続く温暖な間氷期に、農業・牧畜を開始し文明を発展させ人口を増やしてきた。
過去の周期から、そろそろ温暖な間氷期が終わり寒冷な氷期に入ることを予想する説もある。

今回紹介する論文は、太陽の日照量とCO2濃度の関係から、すでに氷期に入る機会を辛くも免れ、
次の氷期への移行は五万年以上先と予想する。

難しい数式や議論は追いかけられませんので、本論文を読むにあたって漁った背景資料も含め、
背景や趣旨、結論を簡潔に紹介し、更にその延長にある将来の温暖化に関する論文も紹介しようと考えています。

対象とする論文:
Critical insolation?CO2 relation for diagnosing past and future
glacial inception
  A. Ganopolski, R. Winkelmann & H. J. Schellnhuber
   Nature volume 529, pages 200?203 (14 January 2016)

その解説:
今の人類が大寒冷期とニアミスしていたことを知ってましたか? そして次の寒冷期の到来は?
https://news.yahoo.co.jp/byline/emoriseita/20180603-00086007/

開催場所
IVIS BLDG. 1F会議室  
会場アクセス
参加申込方法
事前予約制  
参加申込方法
今後の開催予定

第459回 2019年 12月11日(水)

第460回 2020年 1月15日(水)

開催回

第458回

開催日時

2019年11月27日(水) 17時より

発表題目

氷期はもうしばらく来ない説について

発表者

加藤 真一

発表資料

近日公開予定

発表内容

今の地球は氷河期にあり、ここ百万年は、ほぼ十万年周期で長い氷期と短い間氷期を繰り返してきた。
人類は約一万年続く温暖な間氷期に、農業・牧畜を開始し文明を発展させ人口を増やしてきた。
過去の周期から、そろそろ温暖な間氷期が終わり寒冷な氷期に入ることを予想する説もある。

今回紹介する論文は、太陽の日照量とCO2濃度の関係から、すでに氷期に入る機会を辛くも免れ、
次の氷期への移行は五万年以上先と予想する。

難しい数式や議論は追いかけられませんので、本論文を読むにあたって漁った背景資料も含め、
背景や趣旨、結論を簡潔に紹介し、更にその延長にある将来の温暖化に関する論文も紹介しようと考えています。

対象とする論文:
Critical insolation?CO2 relation for diagnosing past and future
glacial inception
  A. Ganopolski, R. Winkelmann & H. J. Schellnhuber
   Nature volume 529, pages 200?203 (14 January 2016)

その解説:
今の人類が大寒冷期とニアミスしていたことを知ってましたか? そして次の寒冷期の到来は?
https://news.yahoo.co.jp/byline/emoriseita/20180603-00086007/

開催場所
IVIS BLDG. 1F会議室  
会場アクセス
参加申込方法
事前予約制  
参加申込方法
今後の開催予定

第459回 2019年 12月11日(水)

第460回 2020年 1月15日(水)

実施要項

世話役をアイヴィスが担当していますが、主宰者というような者はおりません。形式的な会員制度も無く、氏名・連絡先が登録されているのみです(情報は保護されています)。
 
◇ 例会は隔週水曜日、[報告]17:00 − 19:00、[討論]19:00 −19:30
◇ その後、近くの店で懇親会(約1時間半)を開くのが通例です。
◇ 休日に当たる場合は、翌週の水曜日に順延。
◇ 年末・年始と8月は休み、従って1月と9月の最初の日を決めれば、年間の予定が立ちます。